□■ うみ MEMO ■□

    相模湾でボート釣りを楽しんでいます
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
pakekfc
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
天気予報
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
夏休み遠征2017
夏休みの序盤と終盤はポケモン関係のイベントに行ってきた。
メインのスタジアムは抽選ではずれたが、レアポケモンもゲット。





さて、8月13日からの一泊遠征は、T船長と仲間たちにお邪魔して別マリーナからの出航。(自艇ではないのでこのブログの釣りカテゴリー番外編ではあるが。)

メンバーはT船長、夏祭りでもご一緒したNさん、T船長の長男T君と先週一緒に釣行したI君と私の5名。
キンメダイのポイントではI君が大型キンメダイを連釣し、良型クロムツも釣って大活躍。



NさんやT君、私にもキンメダイやクロムツ。



T船長は私に釣り座を譲ってくださってサポートに専念。

入港時はT君が操船、T船長が身軽に上陸してボートを舫う。(T船長は私より年長なのに。)
私はといえば、体力と運動能力のない私のためにT船長が自作した縄ばしごを頼りにやっとのことで岸壁を登る。
係留も主としてT船長が動き回る。

無事に係留できてほっとする。



タクシーで宿に向かい、民宿は素泊まりだがレトロながら清潔。



入浴後は食堂で美味しい唐辛子味の鶏の唐揚げや、「べっこう丼」(メダイの漬け丼)を堪能。

一夜明けた今日は青物をねらうも、T君がルアーでシイラを、I君がルアーで!イサキを釣ったもののコマセ組はアカイサキ、イサキ、ウスメバル、アヤメカサゴ、ヒメなど。



帰途に降り出した雨の中をI君の操船でホームポートへと戻る。




マリーナで釣果写真を撮ってもらったりした後、帰ろうとしたら私の車にトラブル発生も、車のプロのT君にみてもらってなんとか復調。

I君が釣った大きいキンメダイを2尾いただいて帰ってから刺身と煮付けにしたらこれが絶品。
今まで小型しか釣ったことがなかったため、脂の乗った良型は初めてで、キンメダイの美味さを再認識したのであった。
T船長はじめ皆さん、ありがとうございました!!!






楽しい夏休みだった。

真夏の釣り
8月6日の日曜は、T船長とI君と3人で出航。
夏空である。



手漕ぎボートの釣り名人の動画に触発されて、近場のポイントへ。
シーカヤックやスタンダップパドルボード(の上からの釣り!)、手漕ぎボートが浮かぶ中でコマセ釣りをするも、T船長にワカシ(ブリの幼魚)が釣れた以外は小サバとベラ。

深場に移動しても魚信は少ないが、スロージギングにエサを追加したタックルでI君がカゴカマスを釣った。



その他はユメカサゴが釣れただけで、暑い中がんばったが不調であった。

アプリが勝手に作ってくれた動画だが、I君が主役である。

マリーナ夏祭り2017
日が経ってしまったが、7月30日に恒例のマリーナ夏祭りが開催された。
私は昨年同様T船長やNさんファミリー&お友だちのグループと、Makimary史上最多の11名で参加。
全体の参加者も170名以上とのことであった。

「いとしのエリーズ」や新生「サーカス」の叶ありささんの歌や演奏を堪能。



マリーナ社長のお孫さんたちのウクレレとフラも、すごく高レベルでびっくり。
大物衆議院議員も登場して会場がざわめく。
将来の総理かもしれない立場なのに、嫌な顔一つせず記念撮影に応じてくださった。

最後は(私は足が本調子でないのでやめておいたが)SelfishのM船長はじめ皆さんダンスダンスダンスであった。

動画も撮ったが著作権が厳しくなったのでブログに載せるのは断念。
変わるのも良いが、デジャブのように変わらない夏祭りもまた良し。
今年は雨にはたたられずに無事終了。
オーナークラブの役員さんやマリーナスタッフに感謝である。

さて、その前の週は家内と「伝説のポケモン」の捕獲に二日間を費やした。
人の集まる繁華街まで行って、なんとか本命ゲット。
還暦近いというのに何をやっているのだか。





暑い夏は続く。


海の日2017
梅雨明けは発表されていないが連日の猛暑である。
T船長の長男T君と友人I君は15日に島方面で大きなヒラマサとカンパチ他を爆釣してきた。

16日の日曜はT船長と久々に大アジのポイントへ。
還暦を迎えたというのに身軽なT船長が投錨や抜錨をしてくれなければ成立しない「かかり釣り」だ。
水深は23m。
開始後しばらくは小イサキやネンブツダイ、スズメダイ、サクラダイ等だったが、魚探に反応もないのにT船長はなぜか中層の16mで竿をあおってコマセ(寄せエサ)を振って(撒いて)13mまで巻き上げて待つという釣法でメジナを連釣。
普段、深場釣りでベタ底(海底付近)でしか釣らない私は底から離れても3mくらいが限度で、それ以上巻き上げるとどうも落ち着かない。
しかし、次から次へとT船長が釣るので仕方なく真似したらやっと1尾釣れたが、その間にT船長は9尾。
メジナは磯釣りの代表ターゲットなのに、あっさりT船長の術中にはまり、君たちプライド的なものはないの?と言いたい。

やがて、私の1尾を皮切りに同じ深さでお目当ての35cm前後の大型マアジが釣れ始め、二人で15尾と大満足。





タイトルが15日になってしまったが、16日の様子を動画に。↓



帰港後はSelfishのM船長が自らリフォーム中の新別宅を見せていただく。
海一望のすばらしい部屋であった。

翌17日の海の日はひとりで深場釣り。
航程50分のポイントまで南下し、イルカ(小型のクジラかな)の群れも目撃したが、釣果はさっぱりで、スミヤキ(クロシビカマス)、カラスザメ以外はナンヨウキンメと小型のムツにカタボシアカメバル。



アジやメジナは刺身で、赤い魚は煮つけで美味しくいただいた。

庭の方は巣立ちを目撃できなかったもののシジュウカラの巣箱は無事に役目を終了。



ヒマワリは高さはあるのに花が小さめだが今年も咲き始めたし、連作障害も感じさせないミニトマトが豊作。
釣りもその他も経験値ばかり増えて結果はさほど出ないが、まあ全体的にあいかわらずの夏ではある。




降ったり止んだり
7月に入ったが梅雨である。
雨が降ったり止んだり。
将棋界では中学生棋士の藤井四段がデビュー以来29連勝中だったが今日は負けてしまった。
ジャイアンツは今日で4連敗と冴えない。
都議選では都民ファーストの会が大勝し自民党は大苦戦。

私の生活も降ったり止んだり。
今年も来ないかと思っていたシジュウカラが庭の巣箱で営巣してくれた。



3日前にまたも不注意から自宅の塀に車をぶつけてしまう。
その日のうちにディーラーさんが代車を手配してくれる。
今日の釣りは小さめのムツとシロムツ(オオメハタ)、ユメカサゴ、ギスにサメ。



帰港時にボートをぶつけそうになるがマリーナスタッフが的確な指示と技術で救ってくれて事なきを得た。
マリーナに新人Fさんが入社し、フレッシュな感じ。

スマホが「圏外」から復帰しなくなって、いろいろ操作したらがどうやら回復。
その際SIMカードを車の中で外したら危うく車内の隙間に落としそうになるがセーフ。

照る日もあるし降る日もあるのは普通なこと。
ともかく落ち着いて注意を怠らずに行こうと自分に言い聞かせている。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ