□■ うみ MEMO ■□

    相模湾でボート釣りを楽しんでいます
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
pakekfc
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
天気予報
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
おめでとう!フロンターレ

もう師走である。 


今年の釣りは、私の艇に関しては全般に鳴かず飛ばずであった。

救いと言えば、出場したオーナークラブの釣り大会はT船長やI君の活躍で優勝か2位と好成績であったことかな。


写真は今朝マリーナへ向かう海沿いの道路。



今日は深場釣りにひとりで出航したが、またしても本命不発。

一方、朝のマリーナでお会いしたKAORU船長(会長)は先月75cm5kg級の大マダイ筆頭に3尾を仕留めたとのこと。

すごい!


さて、昨日サッカーJリーグの川崎フロンターレは悲願の優勝を果たした。

最後の最後で首位の鹿島アントラーズに追いついての劇的逆転優勝。

小林悠選手も得点王に輝いた。

今まで実力はあるのにあと一歩で様々なタイトルを逃してきたが、遂に頂点に立った姿は感涙を呼ぶものであった。

心から拍手を送りたい。


湘南ベルマーレもJ2で優勝してJ1復帰が決まり、来季のフロンターレとの対戦も楽しみだ。

思えば昨年の夏、フロンターレ対ベルマーレを観戦した帰りに始めたばかりのポケモンGOでポケモンを捕獲しながら帰ったものだった。



社会現象にもなったこのゲームをやめてしまった人も多いが、私は今でも続けていて先日はそのおかげで1日10kmも歩いた。

ボート釣りもそうだが細々でも継続していると、ささやかながら楽しかったりする。











イナダ釣りとY2G2カワハギ釣り大会

先月は週末ごとに海が荒れ、特に10月23日に上陸した台風21号はマリーナにも大きな被害をもたらした。

スタッフの皆さんの保守のおかげでボートは無事だったが(ありがとうございます。)桟橋が流されて大破するなど想像以上にダメージがあり、復旧もたいへんなことだと思う。 


台風で出航できない間にもT船長は私のボートのロッドホルダーの紛失部品を自作してくださったり。(いつもありがとうございます!)


さて、11月に入って3日の祝日はT船長と北風の中を近場でイナダ(ブリの幼魚)ねらい。

活性が低い中を粘って、私にまぐれで1尾釣れたが、あとはゴマサバやサクラダイ等。



そして今日5日は恒例のY2G2(ワイワイガヤガヤ)パーティ&カワハギ釣り大会に参加。

私はカワハギ釣りが苦手でほとんどやる気はないのだが、朝から浅場用のアンカーをセットしてT船長はやる気満々。

助っ人にお願いしたI君と3人で西のポイントを目指す。

北風も強いし釣り時間は3時間なので、片道30分以上かけることに気は進まないが、カワハギ釣りが苦手の私に依存はない。

そして…


やはり私はワッペンサイズ3尾のみで戦力にならず、T船長とI君が大型を2尾ずつ釣り上げる。



帰港後は参加艇の奥様たちが中心となって調理してくださった串揚げやパエリア、チーズフォンデュをいただきながら成績発表を待つ。


なんとT船長の戦略どおり、4尾の型を競うルールのもとで近場でサイズが揃わなかった他の4艇を引き離しての優勝!!!

全く役に立っていない私が高額商品券を授与される。


T船長とI君の活躍により、絶対に優勝できないはずのカワハギ釣り大会で優勝してしまったのであった。






五目釣り大会とカツオ釣り

10月8日はマリーナの秋の五目釣り大会にT船長と参加。

2014年からの3年間は海況に恵まれずに中止だったので4年ぶりの開催である。

深場釣りばかりしている私は5魚種の全長を競うこの大会でしか優勝できない(ルールが異なる今年の春の五目釣り大会の優勝はまぐれ)のだが、以前は一人で出てアカムツやアコウダイがよく釣れた当時の2010、2011、2013と優勝して2012も2位と相性が良い。

http://umimemo.jugem.jp/?month=201310

久々に当日の好天に恵まれた今年はどうかな?

我が艇にはT船長の手によりロッドホルダーが付けられていて、艇の傷の補修もされていた。(ありがとうございます!)



大会の作戦は以前の一人参加の時と同様、中深場から深場へ転戦したが、アカムツもアコウダイも釣れず。

スミヤキ(クロシビカマス)にシロムツ(オオメハタ)、ユメカサゴ、ギンメダイに加え、最後の最後にルアーで釣ったシイラを計測してもらい、ブレイブハートさんに次いで6艇中2位だった。



やはり赤い本命魚か、せめてクロムツ(ムツ)あたりを持ち帰らないとね。


さて、一夜明けた今日9日はT船長と仲間たちに加えていただいて、別マリーナから出航。

メンバーはT船長、長男T君とおなじみルアーマンI君。


私が所用で参加できなかった先週、彼らがカツオを13尾も釣ったポイントを探るも不発。

MINORIさんから情報をいただいて、別ポイントへ移動する。

航行中に浮遊ロープがプロペラに絡まるアクシデントがあったが、T船長親子により除去に成功。

ポイント到着後にT君がイズスミを、全員がシイラを釣るなどしているうちにT船長親子が次々とカツオを釣り上げる。



私もがんばるが、何回もばらし(逃げられ)てしまう。

近くのMINORIさんも、同乗のSelfishのM船長やサンライズ船長たちが好調にカツオを釣り上げる。 




最後に私にメジ(クロマグロの幼魚)が来て、I君にも良型カツオが。




結局、カツオ14尾のほとんどはT君とT船長の釣果であった。



楽しい連休だった。

皆さんありがとうございました!!



待ったのに

先週のゲームフィッシング大会は台風通過で中止。

その間、T船長は私の艇の補修をしてくださっていた。(ありがとうございます!!)


秋風も吹き始めたのに、予報より暑かった昨日9月24日。

早朝のマリーナでお会いしたネプチューン船長(秋はマグロルアーに特化されるらしく、投げるのに邪魔なスパンカーが艇から取り外されていた)にマグロ、カツオの状況を聞いて、T船長と勇躍出航。


船団に混じってみる。

ネプチューン号が果敢に攻める横で私たちはコマセ釣り。

魚信なく、アジへと転戦してアンカリングしたが、小イサキ数尾とT船長にウマヅラハギのみ。


ワラサの船団に行ってみたがT船長にヒラソウダが来て、私はワラサらしきヒットもハリス切れ。


今日はそれぞれの場所で粘ったが全て不発だった。

もっとも3回もねらいを変えたわけだが。

ヒラソウダは私がいただいて、帰宅後刺身に。



彼の国がたびたびミサイルを飛ばしているのに衆議院は解散。

野球は広島とソフトバンクが早々にリーグ優勝を決めて興味はクライマックスシリーズ出場権争いへと移る。

サッカーJリーグは応援している川崎フロンターレが2位と奮闘。

相撲は3横綱2大関が不在という異例の事態ながら残された横綱日馬富士と大関豪栄道がなんとか場所を盛り上げて、優勝決定戦を日馬富士が制した。


そんな秋は釣りも好機。

深場釣り再開の前にマグロとは言わないが1尾くらいカツオが釣りたい。







残暑

既に9月10日なのでタイトルの残暑というのは暦の上では正しくないが、気温は30度あった今日は実感としてはタイトルそのもの。

T船長と仲間たちに入れていただいて別マリーナから出航。



メンバーはT船長と次男H君に私がお邪魔しての3名。

タックルは自艇に載せたままなので、ずうずうしくも手ぶらで参加する私。

次男H君とは以前に何度かご一緒したが、久々に再会。


http://umimemo.jugem.jp/?month=201409


大型船に何か月も乗り組む彼は現在休暇中。 



すっかり凛々しくなって先日はイケメン船員としてテレビでも紹介された彼だが、仕事も船なのに休日も船である。

カツオの船団の近くで釣るが、活性は高くなく、遊漁船でたまに釣れている感じ。



しばらく粘ってH君に待望のヒットも、船べりで外れてしまう。

その後の転戦も小型のキダイが釣れた程度で不発に終わる。

私はお借りしたタックルで釣らせてもらったり、真夏のような日射しの中でゴロゴロしたりで、魚は釣れなかったが暑いものの爽快な海上ですっかりリフレッシュさせていただいた。


ありがとうございました!! 












(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ