□■ うみ MEMO ■□

    相模湾でボート釣りを楽しんでいます
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
pakekfc
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
天気予報
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
五目釣り大会とカツオ釣り

10月8日はマリーナの秋の五目釣り大会にT船長と参加。

2014年からの3年間は海況に恵まれずに中止だったので4年ぶりの開催である。

深場釣りばかりしている私は5魚種の全長を競うこの大会でしか優勝できない(ルールが異なる今年の春の五目釣り大会の優勝はまぐれ)のだが、以前は一人で出てアカムツやアコウダイがよく釣れた当時の2010、2011、2013と優勝して2012も2位と相性が良い。

http://umimemo.jugem.jp/?month=201310

久々に当日の好天に恵まれた今年はどうかな?

我が艇にはT船長の手によりロッドホルダーが付けられていて、艇の傷の補修もされていた。(ありがとうございます!)



大会の作戦は以前の一人参加の時と同様、中深場から深場へ転戦したが、アカムツもアコウダイも釣れず。

スミヤキ(クロシビカマス)にシロムツ(オオメハタ)、ユメカサゴ、ギンメダイに加え、最後の最後にルアーで釣ったシイラを計測してもらい、ブレイブハートさんに次いで6艇中2位だった。



やはり赤い本命魚か、せめてクロムツ(ムツ)あたりを持ち帰らないとね。


さて、一夜明けた今日9日はT船長と仲間たちに加えていただいて、別マリーナから出航。

メンバーはT船長、長男T君とおなじみルアーマンI君。


私が所用で参加できなかった先週、彼らがカツオを13尾も釣ったポイントを探るも不発。

MINORIさんから情報をいただいて、別ポイントへ移動する。

航行中に浮遊ロープがプロペラに絡まるアクシデントがあったが、T船長親子により除去に成功。

ポイント到着後にT君がイズスミを、全員がシイラを釣るなどしているうちにT船長親子が次々とカツオを釣り上げる。



私もがんばるが、何回もばらし(逃げられ)てしまう。

近くのMINORIさんも、同乗のSelfishのM船長やサンライズ船長たちが好調にカツオを釣り上げる。 




最後に私にメジ(クロマグロの幼魚)が来て、I君にも良型カツオが。




結局、カツオ14尾のほとんどはT君とT船長の釣果であった。



楽しい連休だった。

皆さんありがとうございました!!



待ったのに

先週のゲームフィッシング大会は台風通過で中止。

その間、T船長は私の艇の補修をしてくださっていた。(ありがとうございます!!)


秋風も吹き始めたのに、予報より暑かった昨日9月24日。

早朝のマリーナでお会いしたネプチューン船長(秋はマグロルアーに特化されるらしく、投げるのに邪魔なスパンカーが艇から取り外されていた)にマグロ、カツオの状況を聞いて、T船長と勇躍出航。


船団に混じってみる。

ネプチューン号が果敢に攻める横で私たちはコマセ釣り。

魚信なく、アジへと転戦してアンカリングしたが、小イサキ数尾とT船長にウマヅラハギのみ。


ワラサの船団に行ってみたがT船長にヒラソウダが来て、私はワラサらしきヒットもハリス切れ。


今日はそれぞれの場所で粘ったが全て不発だった。

もっとも3回もねらいを変えたわけだが。

ヒラソウダは私がいただいて、帰宅後刺身に。



彼の国がたびたびミサイルを飛ばしているのに衆議院は解散。

野球は広島とソフトバンクが早々にリーグ優勝を決めて興味はクライマックスシリーズ出場権争いへと移る。

サッカーJリーグは応援している川崎フロンターレが2位と奮闘。

相撲は3横綱2大関が不在という異例の事態ながら残された横綱日馬富士と大関豪栄道がなんとか場所を盛り上げて、優勝決定戦を日馬富士が制した。


そんな秋は釣りも好機。

深場釣り再開の前にマグロとは言わないが1尾くらいカツオが釣りたい。







残暑

既に9月10日なのでタイトルの残暑というのは暦の上では正しくないが、気温は30度あった今日は実感としてはタイトルそのもの。

T船長と仲間たちに入れていただいて別マリーナから出航。



メンバーはT船長と次男H君に私がお邪魔しての3名。

タックルは自艇に載せたままなので、ずうずうしくも手ぶらで参加する私。

次男H君とは以前に何度かご一緒したが、久々に再会。


http://umimemo.jugem.jp/?month=201409


大型船に何か月も乗り組む彼は現在休暇中。 



すっかり凛々しくなって先日はイケメン船員としてテレビでも紹介された彼だが、仕事も船なのに休日も船である。

カツオの船団の近くで釣るが、活性は高くなく、遊漁船でたまに釣れている感じ。



しばらく粘ってH君に待望のヒットも、船べりで外れてしまう。

その後の転戦も小型のキダイが釣れた程度で不発に終わる。

私はお借りしたタックルで釣らせてもらったり、真夏のような日射しの中でゴロゴロしたりで、魚は釣れなかったが暑いものの爽快な海上ですっかりリフレッシュさせていただいた。


ありがとうございました!! 












釣りとポケモン

9月3日の日曜はT船長と出航したが、シイラ、ユメカサゴ、メダイ、シロムツ(オオメハタ)、スミヤキ(クロシビカマス)、ギンメダイ、カラスザメ、ゴマサバであった。

一方、MINORIさんはSelfishのM船長とTaさん、サンライズ船長を乗せて出て、4.5kgもある大型のカツオを釣っての凱旋帰港。すごい!

台風一過で活性が上がったらしく、沖にはマグロ、カツオねらいの船団ができていた。



さて、先週と今日の平日休みはポケモン獲り。

特に今日は現地までは車で行き、電車やタクシー、水上バス、会員登録しておいた自動で借りられる電動アシスト自転車と、いろいろな乗り物を駆使。




水上バスからはT船長の次男H君が乗り組む(今は休暇中なので今日は船内にはいないが)豪華客船と水陸両用バスを真近に見学。



伝説のポケモンもいくつか獲ったし、なかなか充実した一日だった。



夏の終わり
T船長と仲間たち(T船長、長男T君、次男H君、I君の4名)は先々週にこの夏2回目の遠征を敢行し、長男T君がキンメダイを多点がけしたり、他のメンバーもルアーでアカハタ、マトウダイ、シイラ等を釣ってきた。





負けじと私も24日の平日休みにひとりで出航し、鳥山(水面下の小魚を追って鳥が乱舞する状況。その下には大型の回遊魚がいる。)を追って南下したが、小型のシイラとマルソウダのみ。
いつのまにか沖の深場ポイント近くまで行ったので水深300m〜500mを探ったが小さなキンメダイ2尾とスミヤキ(クロシビカマス)に終わった。



27日の日曜は北風が強い中でT船長とシロギス釣り。
シロギスは二人で25尾くらいにメゴチ(ネズミゴチ)も10尾くらい。他にホウボウ、ヒメジ、ウルメイワシ、ベラ類、キタマクラ、イイダコ等。

キス釣りポイントの海岸にビーチパラソルの花が再び咲くのもまた来年である。



中盤は雨が多くそれ以外は猛暑という夏であったが、釣りやポケモンGOで楽しく過ごしたので、終わりが近づいてみれば季節が変わるのを惜しむ気持ちもどこかにある。
さあ、秋は何を釣ろうかなあ。(多分メインはまた深場釣りかな。)

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ