□■ うみ MEMO ■□

    相模湾でボート釣りを楽しんでいます
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
pakekfc
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
天気予報
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
五目釣り大会とカツオ釣り

10月8日はマリーナの秋の五目釣り大会にT船長と参加。

2014年からの3年間は海況に恵まれずに中止だったので4年ぶりの開催である。

深場釣りばかりしている私は5魚種の全長を競うこの大会でしか優勝できない(ルールが異なる今年の春の五目釣り大会の優勝はまぐれ)のだが、以前は一人で出てアカムツやアコウダイがよく釣れた当時の2010、2011、2013と優勝して2012も2位と相性が良い。

http://umimemo.jugem.jp/?month=201310

久々に当日の好天に恵まれた今年はどうかな?

我が艇にはT船長の手によりロッドホルダーが付けられていて、艇の傷の補修もされていた。(ありがとうございます!)



大会の作戦は以前の一人参加の時と同様、中深場から深場へ転戦したが、アカムツもアコウダイも釣れず。

スミヤキ(クロシビカマス)にシロムツ(オオメハタ)、ユメカサゴ、ギンメダイに加え、最後の最後にルアーで釣ったシイラを計測してもらい、ブレイブハートさんに次いで6艇中2位だった。



やはり赤い本命魚か、せめてクロムツ(ムツ)あたりを持ち帰らないとね。


さて、一夜明けた今日9日はT船長と仲間たちに加えていただいて、別マリーナから出航。

メンバーはT船長、長男T君とおなじみルアーマンI君。


私が所用で参加できなかった先週、彼らがカツオを13尾も釣ったポイントを探るも不発。

MINORIさんから情報をいただいて、別ポイントへ移動する。

航行中に浮遊ロープがプロペラに絡まるアクシデントがあったが、T船長親子により除去に成功。

ポイント到着後にT君がイズスミを、全員がシイラを釣るなどしているうちにT船長親子が次々とカツオを釣り上げる。



私もがんばるが、何回もばらし(逃げられ)てしまう。

近くのMINORIさんも、同乗のSelfishのM船長やサンライズ船長たちが好調にカツオを釣り上げる。 




最後に私にメジ(クロマグロの幼魚)が来て、I君にも良型カツオが。




結局、カツオ14尾のほとんどはT君とT船長の釣果であった。



楽しい連休だった。

皆さんありがとうございました!!



コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://umimemo.jugem.jp/trackback/266
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ