□■ うみ MEMO ■□

    相模湾でボート釣りを楽しんでいます
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
pakekfc
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
天気予報
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
yellow cross cub 深海釣り仕様

クロスカブを買ったものの、なかなか乗る機会がなくしばらく放置していた。

今日、久々に乗り回す。

車体色に合わせて限定販売のシマノの黄色いクーラーボックスを入手し、自作の木箱をキャリアに取り付けて載せてみた。

普段は木工などしないだけに木箱は(試作品だからね)クーラーを載せると割れてしまうような代物であるが、これでとりあえずホンダのLOVE CUB SNAPというカブと一緒の写真がネット上に掲載される企画に投稿しようと、三脚を立てて何枚も自撮り。

(帽子、サングラスに無精ひげは「T船長と仲間たち」の何を釣っても絵になるNさんの真似。)

ところが既に写真の募集期間は過ぎていた。

何をやっているのだか。





GW遠征2018

またまたT船長と仲間たちに入れていただき別マリーナからの遠征。

このブログの釣りカテゴリーとしては自艇ではないので番外編。


過去に私が乗艇させていただくと大釣りが多い。

が、その状況で私にだけは釣れないということも多い。

今回もそのパターン。


昨日4月30日から今日5月1日はGW中でもなんとか遠征可能な海況の二日間なのでT船長が決断。

メンバーはT船長と艇のオーナーのお一人でもある長男T君、やはりオーナーのおなじみNさん。

早朝にマリーナを出て一路キンメダイのポイントへ。

厳しい中でも別ポイントでキンメダイをゲットしたMINORIさんからの情報も得ていたが、やはり潮が速くて速くて釣りにならず。 


諦めてマダイに転向する。

私がプロペラに天秤をからませてしまうが、T君がなんとかはずしてくださって一応事なきを得る。(すみません。)


やがてT船長とT君に1kg級のマダイが!



南風も強まったので昼過ぎには上陸することとなり、今回はほぼ一人で操船とポイントへの流しを担当してくださったT君のヘルムで初めての係留港に入る。

先着のヨットの方がもやいを取ってくださって無事着岸し、T船長とT君が動き回って鎖の付いたバウとスターンラインやスプリングラインを取って係留。



徒歩で民宿に向かい、その後は散策、釣りエサの買い出し、そして温泉施設で入浴してくつろぐ。



夕食は以前にも訪問したホルモン中心の焼肉屋さんで堪能した。

島なのに魚ではなく肉?という違和感も、だんだん島の事情を理解してきたのでもはや皆無である。

 


さて、一夜明けた今日。

こちらも再訪の定食屋さん兼お弁当屋さんで朝食をいただき、昼食用おにぎりも購入。


出港し、昨日のマダイポイントへ。

ここから私以外の3人がマダイを連釣。

中でもT船長は最初の70cm、5.2kgの大マダイを皮切りに良型を爆釣!

↓1尾目の大マダイ動画はこちらから。

https://www.youtube.com/watch?v=0VlmWkuQzzQ&feature=share



NさんとT君にも次々ヒット。


https://www.youtube.com/watch?v=3SfAky8Es2U&feature=share 



https://www.youtube.com/watch?v=hykfeh0O6O8&feature=share



私は蚊帳の外で二日間でマフグと思われるフグ2尾とイサキ1尾。

でも皆さんのおかげで連休を大いに楽しむことができた。


この艇のマリーナ僚艇も近くにいて、帰港後に見せていただいたがタイラバで大きなマダイを上げていた。


少しイサキ釣りをしたが活性は低めだったので納竿となる。

T君が中心となって整備したエンジンは快調で、以前よりはるかにスピードが出るようになり、凪の海を滑るように帰った。

本来は休みなのにマリーナの方が休日出勤で上架してくださった。


釣果はなんとマダイ11尾とイサキ数尾。




釣れなかった私もマダイをいただいて、意気揚々と帰路に着いた。


皆さんありがとうございました!

また乗せてくださいね。








最下位発進

今季初のマリーナ釣り大会は春の五目釣り。

前記事に「我が艇にはありがちなことだが、普段は嫌というほど釣れるサバやシロムツ(オオメハタ)が肝心の五目釣り大会の日にはさっぱり釣れない。」

と書いたら3週間後に現実になってしまった。


T船長と参加したのだが、昨年は優勝だったというのに

http://umimemo.jugem.jp/?eid=254

今年は6艇中最下位であった。

中深場が渋かったのでアマダイねらいに転向したがこちらも不調で、結局計量対象はサバ、ユメカサゴ、カナガシラ、キダイ各1尾。

トホホ。


読売ジャイアンツだって数日前まで最下位だったがここに来て阪神タイガースに3連勝して4位に浮上したところ。

気を取り直してまたがんばるさ。




庭の写真は1か月ほど前のスイセンとチューリップに、最近咲き競うシュンギクとダイコンの花。



人生はわからない

我が艇にはありがちなことだが、普段は嫌というほど釣れるサバやシロムツ(オオメハタ)が肝心の五目釣り大会の日にはさっぱり釣れないという類の話。

やはりこちらの「釣るぞ!」という気配を魚たちが察するのか、目的の魚種がその日に限って釣れないことは多々ある。

それにしても…


今日は、天候に恵まれなかったために延び延びになっていた野食ハンマープライス氏との平日出航。

彼はメディアの仕事での「魚をさばいた経験の少ない人が深海の黒くて大きいゲストフィッシュとどう対峙するのか?」というような不可解な企画に使うべくソコダラ類を釣る、というミッションを帯びての乗艇である。



昼頃から南西風が強まる予報のため比較的近い水深800m台で第1投。

タックルは1組にしたので、主に私が操船し彼が釣る。

最初から、おそらくイバラヒゲかトウジンの仲間がかかったような引き込み。

目的をあっさりクリアかと思ったら巻き上げ途中でサメらしきに奪われる。


水深400〜500mに転戦後も、やや浅い場所でかかったユメカサゴ2尾の他は魚信はあるのに切れたり外れたりで魚を艇上に取り込むことができなくて焦る二人。

幸いに南西風の吹き始めが遅くなったようで海況は悪化してこないため、あと1投、もう1投と粘る。

3ヶ所目のポイントも魚信はあるのになぜか釣れない。

そして、風が強くなる前の最後の1投は水深500m。

明確な魚信に続く手ごたえはトウジンっぽいぞ!


少なくとも魚は付いている感じだったが、まさかのまさか。

浮上したのは大型63cm、3kg強の真っ赤なアコウダイであったのだ。

前回の超深海に続いて、深海でも久しぶりの大本命!



衝撃の動画はこちらから↓


https://www.youtube.com/watch?v=ALZGuiW6efw&feature=share


うれしいけれど今日に限っては複雑な気持ち。

帰港後にお会いしたネプチューンさんは娘さんと出航して本命のヒラメやハタを持ち帰って流石である。

が、こちらもゲストフィッシュはないとのこと。


結局のところ野食氏が企画の内容を無理矢理変更する交渉に成功したようで、結果オーライ。

ソムリエの彼からは南アフリカの高級ワインをいただく。(私に味の違いがわかるだろうか。)


酒の味も人生も簡単にはわからないものだが、釣りはちょっとばかり上昇傾向かもね。





2年越しの連敗脱出

情熱の濃淡や頻度の差はあっても私は一年中超深海にアタックしている。

あまり言いたくないが実は昨シーズンは1尾も釣れていない。

その後も年末から最近まで何度も行ったが気配すらなしだった。

そして今日。


昨年の台風で損壊したポンツーンがマリーナスタッフのご尽力で復旧!!



出港し、同じ目的で先行するMINORIさんを追いかけて例年のポイントへ。

投入したが、潮が速くてどんどん流される。

無線で、別ポイントながらおそらく近くにいるはずのMINORIさんに状況をうかがうと同様の様子。

潮の流れと等深線が一致する場所に移動することにして、諦めの巻き上げにかかる。

魚信もはっきりしなかったし、高速で巻いても長時間を要する。

が、だが、しかし。

残り数十メートルで仕掛けが前方へと急浮上。

なんと本命の緋色の魚体がポッカリ浮かんだ。

大ボケの私に代わって電動リールの釣力コントロールが良い仕事をしてくれたらしい。



80cm、6.1kgと史上2番目の大きさだった。


抱卵しているわけでもないのに、過去に釣れたのは全て3月から5月である。

遊漁船もねらうのはこの時期。

なぜなのだろう。


一応もう一投したが、サメにかじられたイバラヒゲが上がり、気もそぞろに11時に帰港した。


マリーナスタッフDさんたちに写真を撮っていただいて早々に帰宅し、車からクロスカブに乗り換えてポケモンGOのコミュニティデイに参加してから裏庭で魚をさばく。



どんなレアポケモンよりうれしい1尾だ。




連敗脱出をかなりの大型で実現できて良かった良かった。

やはり先日お会いしたディープマスターのご利益だと思う。

ありがとうございます!!




(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ